ゆうべは素敵な夢をみた

旅と、コーヒーと、あと少し。

思い描いてた女子高生にはなれなかったけど

IMG_7254

中学生の頃、進学することに全く興味がなかった。

べつに登校拒否ってわけじゃないんだけど、学校に行く意味もよくわからなくてぼんやり自転車で遠回りしてわざわざ10時頃から登校をしたりもしていた。

(転校ばかりしていたのでいまいち学校に馴染めなかったのもある)

そういえばこの癖は結局高校、大学とずっと続いたっけ。

そんなわたしはテニス部に入っていた。これまた特にテニスが好き!ってことでもなく

本当に入りたかったバドミントン部は部員100名を越す超巨大部活動で(母校は1学年10クラスあるマンモス校でした)

それはそれは女性特有のグループやら抗争やらがあり、そういうのが苦手だったのでバドミントン部は諦めざるを得なかった。

続きを読む

自分に正直に生きるのは恥ずかしいことじゃない

f:id:kimix:20170423230911j:plain

自分に正直に生きるのはとても恥ずかしいことだと思っていた。

わたしはいつも、もやりもやりと考えてしまう。

写真一枚、文章一行どこかに公開するたびに誰かから批判されるんじゃないかって。ビクビクしていた。

だから、自分に正直に生きるのはとても恥ずかしいことだと思っていたんだ。

絵を描く理由は何でも良いんだよ、ちやほやされたいっていうのも完全に理由として善なるモノですよ

イラストレーターの@akimanさんがこうつぶやいてるのをみて、最近すごしほぐれてきていた気持ちがパァーンと弾けた。

ちょうど同じ日に友人から送られてきたLINEには「仕事で成功してちやほやされたい」と書かれていた。

とても正直で、わたしはそれがなぜか嬉しかった。そうやって打ち明けてもらえたことがとても嬉しかった。



Instagramをみると自分の顔を堂々と載せているひとがいて、わたしはそれがいつも不思議だった。

いつどこで批判されるかわからないのになぜ載せられるんだろうと。

きっとみんな自分の心に正直なんだ。


「自分が良いと思ったものを載せたい」

「載せたものを人から褒めてもらいたい」

「ちやほやされたいから有名になりたい」

「ちやほやされたいから成功したい」


心の奥底にある感情をそのまま伝える。

こういう心は恥ずかしいものだと思ってきたけど、そう言う人の言葉や写真はとても心を打つものがあるし

なにより見ていて清々しい気持ちになる。

そして応援したくなる。



本心をさらけ出すのは良いことなんだな。

うん、

わたしも自分の好きなものを表に出してちやほやされたい!

なんとなく疲れたら、「コーピングリスト」で自分のご機嫌とりをしよう

f:id:kimix:20170422052856j:plain

夜寝る前、英語で疲れきった脳をぼんやりさせながらTwitterをたちあげる。

わたしはTwitterのタイムラインを眺めることによって日本で何が起きているのかをなんとなく把握するようにしている。

この前春が来たかと思ったら日本ではもうお花見も終わりなのね。

「桜は今日でおしまい〜」と言っている人がちらほら。

こちらはまだマイナス気温になったりしてダウンコートが手放せないというのに…。



とはいえ、12月や1月に比べたら随分と暖かくなった。

季節が残り香を漂わせながらバトンタッチをするこの曖昧な時期、わたしは決まって体調を崩す。

自分が身体が弱いからかなと思っていたけど、春はいろんなことが切り換わるタイミングだから精神的に余裕がなくなってしまう…というのも一役買っていると思う。

熱っぽくしんどくなり、寝る。夕方ぐらいまで寝る。絶対これ、気持ちの問題。色んなこと考えてしんどくなってるパターン。こんなときはおいしいもの食べてあったかいお風呂に入って寝るのが一番。あと季節の変わり目はこうゆうターンになりやすいから、そんなものだと思うこと。自分を責めないこと。これ重要。なんとなく自分の扱い方が身についてきたようだ。

今週の日記 0403-0409 - 今日も今日とて地球は回る


そう、気持ちの問題。だからそういうときは不調のことは気にしないで自分の楽しいことをするのが1番なんだ。



自分の扱い方を知ること。それは、自分で自分のご機嫌をとること。

なにをやったら気持ちよくなれるのか・どんなことをしたら悩みなんか忘れてワクワクしていられるのか、そういった自分の「ご機嫌取りリスト」のことを「コーピングリスト」という。


たしか去年NHKでストレス対策に関するテレビで特集していて知った。

◆やり方

  1. 紙とペンを用意する。
  2. 思いつくままにワクワク・楽しい気持ちになれる行動を100個書く。
  3. リストに書いたことを気になるものから行動にうつしていく。
  4. 書いた行動は「楽しかったか・ワクワクしたか」を◯△×でチェックする。


こうやってリストを作ってチェックすることによって、自分がストレスを感じてダウンしているときに気分を晴らすにはどうしたらいいのかということがわかる。

100個の中で◯がついたのもの、それが本当の「ご機嫌取りリスト」


いつも頑張っている自分を思いっきり甘やかして過ごしてみるのは少し勇気がいるけど、たまには羽根も伸ばさないとね。



さっそくわたしもやってみよう。


折れない心がメモ1枚でできる コーピングのやさしい教科書

折れない心がメモ1枚でできる コーピングのやさしい教科書